歯科治療で青い光は何に使用しているのか?根っこの治療後にも使用します

みなさんこんにちは!

名古屋市にある「スターデンタルクリニック」です。

 

みなさんは歯科治療で青い光を口腔内で照射された経験はありませんか?

これは光照射機という機械で、治療で使用する材料に光を当てています。

今回はこの治療法について解説していきます。

 

  • 光照射機とレジン

光照射機はレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを硬める際に使用します。

レジンは光重合型と化学重合型に2種類に大きく分けることができ、多くの歯科医院では光重合型を使用しています。

例に漏れず当院でも小さな虫歯治療はレジンを使用しており、光照射機は毎日のように使用しているのです。

 

  • 歯の根っこの治療後にも使用

歯の根っこを治療した後は、被せ物を製作するために根っこの土台を作る必要があります。

土台は金属かレジンのどちらかでしか製作できません。

審美性の良い被せ物を製作したい方はレジンを使用して、保険診療の範囲で被せ物を製作したい方は金属を使用します。

どちらの治療でもしっかりと丁寧に当院では行なっております。

関連記事

  1. マイクロスコープを使うメリットを耳かきを例に紹介します!

  2. 抗生物質はどのように飲めばいい?正しい服用の仕方を紹介します…

  3. 抜歯するとどれくらい痛みが続く?一般的な抜歯を解説します

  4. 口腔がんについて検査・検診を受けていますか?

  5. 歯の根っこの治療こそ真剣に!歯を残して健康を守りましょう

  6. お口の中のできものは歯科医院へ相談!市販薬よりも早く治ること…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP