マイクロスコープの有無でどれくらいの差が出るのか

みなさんこんにちは!

名古屋市にある「スターデンタルクリニック」です。

当院ではマイクロスコープを医院内に備えておりますが、全国の歯科医院様の2%程度しか導入していないのです。

そこで、今回はマイクロスコープを導入しているとどれくらいの差ができるのか紹介していきます。

 

  • メジャーリーグと高校野球くらいの違い?

あるコラムでは、日本とアメリカの歯科医療のレベルの違いをメジャーリーグと日本の高校野球くらい違うと表現していました。これって随分と大きな違いですよね。

もちろんアメリカでは、国民皆保険制度における医療が受けられず自費診療がメインとなるため治療に使用できる材料で差が出てきます。

しかし、ここまで差が出てしまう原因はどこにあると思いますか?

それは器具にありました。

 

  • マイクロスコープの有無が分ける

日米の歯科医療で大きな違いの一つにあげられることにマイクロスコープの有無があります。マイクロスコープを使用すると、目視できない歯の根管形態などを観察できます。

目視してしっかりとした治療をすることでアメリカのような精度の高い治療へとつながっているのです。

 

歯のことでお困りの方はぜひ当院へお越しください。

関連記事

  1. お口の中のできものは歯科医院へ相談!市販薬よりも早く治ること…

  2. 入れ歯のトラブルでお困りの方はスターデンタルクリニックへ!

  3. 歯科にもAI導入?疾患の予兆検出精度が上がれば臨床応用も可能…

  4. いつか口腔がんも死なない病気に!医療は日々進化しています

  5. 歯の根っこの治療こそ真剣に!歯を残して健康を守りましょう

  6. マイクロスコープが活躍する場面ってどんなとき?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP